労働保険事務組合連絡協議会

DSCF083516日(木)午後より福山商工会議所会議室において、労働保険事務組合連絡協議会の「労働保険未手続事業一掃対策会議」が行われました。

とにかく長い会名、会議名ですが、極力簡単にご説明しますと、島田事務所は「労働保険事務組合」を併設しています。この「労働保険事務組合」は母体となる団体(私の場合は“人事制度研究会”という団体です)に加入している企業の福利厚生の一環として労働保険の徴収業務・手続きを代行するもので、更に事業主本人も政府労災に特別に加入できるという特典もあります。この労働保険事務組合は福山ハローワーク管内に30以上あるのですが、そのうち何組合かは申し出て、社員はいるけれど労働保険に未だ加入していない企業を訪問し、加入を推進するという業務を委託されています。毎年度広島労働局から未手続企業のデータが送られてきて、それを業務委託されている組合の推進員が分担して回っています。その進捗状況確認のための会議が行われた、という訳です。いゃー、分かりづらいでしょうねェ。今年度も残すところ2ヶ月と少し、ハッパをかけられました。推進員といっても相手からすれば、面倒な人間がやってきた、と思われることがほとんどです。でも頑張って訪問し、消化しますかッ。DSCF0834

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です