だるまストーブ。

11月23日~24日に掛けて知り合いの社労士が持たれている、新見市にある別荘へ招かれました。年に1度程度はお邪魔している場所ですが、福山からは車で(車でしか行けませんが)1時間30分はかかる、ハッキリ言ってとんでもない“田舎”です。ですが全部で30~40軒の別荘が立ち並ぶチョットした集落でもあります。DSCF0727

ここの名物は何と言っても写真にある「だるまストーブ」です。ですからこの時期が最高なんですね。薪をくべる手間と寝る時が寒い、という欠点はありますが、火を入れて薪が煌々と燃えさかる様は独特の雰囲気と温かさがあります。ストーブで部屋を暖め、囲炉裏を囲んで野郎6人が鍋と酒をかっ喰らいながら、夜は更けて行きました。(誰かさんのイビキが凄い!、がそれに気付かない人もこれまたスゴイ!)DSCF0726

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です