全国経営者問題研究集会 in 京都

2月13日、14日と京都で開催された中小企業家同友会「全国経営者問題研究集会」に参加して来ました。

毎年、各県持ち回りで開催されているもので、今回は10年に一度の京都での開催となったようです。

全国から約2,100名の会員が集い、18の分科会、全体講演と1泊2日(と言っても、1日目の午後、2日目の午前なのですが)という、長丁場の勉強会でした。

私は、京大の藤井 聡教授が講演する分科会に出席し、消費税と経済について学んできました。約180名と言う参加者数に、開催者も驚いていました。経済や財政問題には通常参加者が少ないそうです。

内容は、消費税のアップは大問題で、消費が冷え込むのは当たり前。まずは、5%に戻すべき、との持論を展開されました。

 

何れにしても、オリンピック後の景気後退、コロナウィルス問題など景気に対して良い材料は見当たらないようです。

分科会後の懇親会。約2,100名が参加し、大きな会場も満杯です。コロナウィルス、大丈夫でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都です。舞子さん、芸子さんも大勢来られました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目の講演会。LINE㈱の執行役員江口 清貴氏による「足元にあるブルーオーシャン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です