AIについての勉強会

昨晩(3月6日)、広島県中小企業家同友会福山支部の3月政策環境委員会が開催されました。

今回はAI(エーアイです、アイではありません)について、福山大学工学部の金子教授に講演頂きました。AIが普及する事によって多くの仕事、とりわけ私の様な“士”業は将来無くなると言われ、不気味なもののように感じていましたが、お話を聞いて共存できるのではないかと感じました。

DSC00157先生によれば、AIが普及する事で生産性は飛躍的に上がるとか。

AIに任せられるところは任せ、人間は別のAIが不得手とする分野に特化する。仕事のすみ分けがなされるのではないでしょうか。逆にいえば人間が行う業務を研ぎ澄まさなければ必要とされなくなるのですが。

ただ、AI自体費用は余りかからないようですが、それを使って動かすロボットなどの装置には莫大な費用が掛るでしょう。それに投資する力が有るか無いかで、大きな利益格差が生まれるのではないでしょうか。

何はともあれ、今後の動向に注視する事だけは忘れてはいけないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です