経営労働委員会&求人社員教育委員会

全体昨晩(11月7日)まなびの館ローズコムで同友会の経営労働委員会・求人社員教育委員会合同の勉強会が開催されました。今回は隣の岡山県同友会から㈱成和設備工業所 代表取締役 藤井 孝章氏を招き、「社員のやる気を引き出すには」について学びました。藤井氏は外部から請われて入社し、経営者となってから苦難の道が始まります。その中で気付いたのが、機関車のように社員を引っ張る経営者ではなく、社員とともに走る電車のような経営者になること。そのためには社員が自立して自ら考え・行動する仕組み(目標)を作ることだと気付かれます。現在では社員が家族以上の存在だと言われ、それらを気付くきっかけが同友会での学びであったそうです。

講師

やはり経営者として当り前である、会社の未来予想図を示しその実現に向けて社員を巻き込んで「やる気を引き出す」ことが重要であると感じました。私の事務所のように小さい組織であっても、中期ビジョン(計画)に基づく将来の予想図を描くことが必要であると痛感しました。実践あるのみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です