協会けんぽ広島県大会

DSCF20427月17日(木)広島市の鯉城会館で開催された、協会けんぽ広島県大会に参加してきました。

これは協会けんぽ広島が国庫補助の率を上げることにより、毎年増加する健康保険の保険料(率)を少しでも抑えるとともに、医療制度の抜本的改革を政府に訴える為に開催したものです。第一部となる大会には国会議員(代理)も多く出席され、保険料負担軽減を強く訴えておられました。DSCF2061

第二部ではパネルディスカッションが行われましたが、その中で企業経営者代表は保険者(けんぽ協会、共済など)ごとに保険料率が違う(けんぽ協会以外は率が低い)ことによる不公平感を訴えていらっしゃいました。大学の先生も、保険者が多い事による弊害や不公平感を是正するためには一本化の必要があると話されていました。DSCF2071高齢者が今後増えて行きますので、高齢者医療への拠出が減る事はないでしょう。であれば、保険者間の不公平感は是正する必要があるように思います。(しかし、これが大変困難な事でしょう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です