A地区2月例会。

DSCF1077昨日2月20日(木)に広島県中小企業家同友会A地区の2月例会が福山パークレーンにて開催されました。

今回はノバ硝子工事の野白洋一氏による体験発表で、「経営理念」作成までの道のりと、今後の経営計画についての説明がありました。今が楽しければそれでいい、5年後10年後なんて何もわからん!と言ってた野白氏ですが、地区会のみんなの叱咤激励を受け一念発起、5回もの打ち合わせを行い作り上げたものだそうです。社員が定着しない、頑張って働いているのに赤字経営。多くの問題点をさらけ出しました。

例会のグループ討論では非常に厳しい意見も飛び出しましたが、みんな真剣に野白氏の将来を、そして社員さんの事を考えているのが伝わってきます。是非この例会でのアドバイスを真摯に受け止め、これから会社経営に励んでほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です