「福山城の歴史を学ぶ」水野 勝成候って、どんな人?

10月10日(木)、広島県中小企業家同友会福山支部、地域内連携推進委員会主催の「福山城の歴史を学ぶ」と題した、勉強会に出席して来ました。

 

講師は何度もお越し頂いている、備陽史探訪の会 会長 田口 義之 氏 です。2022年には築城400年の節目を迎え、福山市も耐震補強、改築に向けて動いていますし、その際にはいくつものイベントが行われるようです。

 

まずは福山城城主の水野勝成候について学び、何故あの場所に築城したか、どの様に城造りを行ったかなど、大変興味深いお話でした。今回お聞きした話を基に、痕跡を求め、市内を歩いてみるのも楽しそうです。(水野 勝成候、とても血の気の多い人物だったとか)

広島県同友会フォーラム2019!

10月9日(水)広島県中小企業家同友会の第33回フォーラムが広島リーガホテルにて開催されました。

今回の基調講演は、三重県「宮﨑 本店」の宮﨑会長にお越し頂き、「伝統産業を生き抜く、情勢認識と経営戦略」と題して講演を頂きました。

 

 

 

 

 

経営者でなくては決断できない事、社員を巻き込んで決めて行くものなど、自身の経験に基づいて、楽しく解り易くお話をして頂きました。戦略と戦術シッカリ区別しなければなりません。

 

その後、8分科会に分けれての勉強会を行いましたが、私の第1分科会会場はなんと!リーガロイヤルホテルの32階! 天気も良く、遠く倉橋島も見ることが出来ます。

 

 

 

「地域を元気にする産業政策とは」とちょっと難しいテーマですが、内容はとても分かり易く、外発的(外部から誘致する)産業から内発的(地域から自然に発生する)産業への転換、物から人へ投資の転換など地域の人口減少、産業衰退を食い止めるにはどの様な施策などが必要か、地域の中小企業はどの様に対応しなければならにかについて、提言の後グループごとに討論を交わしました。

簡単ではありませんが、地域企業、学校、金融機関、行政などがそれぞれの強みを持ち寄り、地域活性化に向けて話し合う“円卓会議”の様なものが出来ればすばらしい!といった意見がグループでは出てきました。