木次線乗車(乗り鉄同好会)

11月26日(日)社労士会福山支部の有志で結成している「乗り鉄同好会」で木次線の木次⇔備後落合間を乗車しました。

DSCF1242

DSCF1240

 

 

 

 

 

有名なトロッコ列車 「奥出雲おろち号」は予約が取れず、止むなく通常の列車に乗車となりましたが、事前予約で特別なお弁当などを予約し、とても楽しい小旅行となりました。

DSCF1256

 

 

まるで出雲大社のミニチュア版、出雲横田駅

 

DSCF1323DSCF1271

 

 

 

 

DSCF1261DSCF1278

 

 

 

 

 

 

おろち号と離合です

 

 

 

3段スイッチバックで有名な「出雲坂根駅」

DSCF1320

 

3段目の線路から2段目の線路を見ています

 

 

DSCF1300

備後落合駅では3路線の列車が一堂に会します

DSCF1306

DSCF1327

 

 

 

 

沿線のお弁当やスイーツも楽しみの一つですよね。

全く普通の列車ですが、結構乗り鉄たちが乗車しているものです。私が話をした人は東京から飛行機で出雲空港まで飛び、この木次線に乗車したそうです。備後落合からは芸備線を乗り継ぎ三次、広島と行かれるそうです。明日は三江線に乗り出雲まで行き、飛行機で東京に帰るのだとか。いやぁ、恐れ入りました。

DSCF1324

入口から出口までが見通せるトンネルとして有名だそうです(距離が長い)

福山城を再認識する!

11月25日(土)広島県中小企業家同友会の政策環境委員会主催の「備後歴史探訪」に参加し、福山城を観て回りました。

DSCF1227

 

 

 

 

 

熱心に説明を聞いています

この「歴史探訪」は今回で9回目となるのですが、福山城のほか、鞆ノ浦や古城巡り、遺跡巡りなど回数を重ねてきています。

DSCF1231

DSCF1233

 

 

 

DSCF1239

 

伏見櫓の内部

 

 

 

今回は特別に伏見櫓の内部も見学できるなど、多くの知識を得る事が出来ました。知って見るのと知らないで見るのとでは大違いです。今後築城400年に向けて色々な行事が計画されているようです。何らかの形で関わりたいですね。

毎回案内を頂いている備陽史探訪の会 会長の田口さんありがとうございました。その知識量にビックリです。