研修会

本日(9月16日)広島県社会保険労務士会主催の研修会が、福山市蔵王町のみやびにて開催されました。

img_3443img_3445

 

 

 

 

 

研修テーマは昨年の社労士法第8次改正で認められることとなった、労働紛争の訴訟時、裁判所で陳述できる「補佐人」についてです。

漠然としてまだ良く解らない制度ですが、社労士新しい分野として取り組んでみるのも面白いのではないかと感じました。

更にもう一つ、企業の“ブラック企業ではない証明”を行う、経営労務診断サービスを主体とする「法人台帳ROBINS」の説明会が行われました。近頃マスコミでも取り上げられる事の多くなったブラック企業ですが、企業がこれに登録し更に経営労務診断を受け、自社のホワイト度合い(ブラック度合い?)をアピール(証明)できるものです。

img_3444-1新しい取り組みとして、これも考えてみても良いかもしれませんね。