尾道“浪漫珈琲”

DSCF19166月19日(木)夕方5時より尾道ヘ行ってきました。日暮れの尾道水道を眺めるためではなく、同友会福山支部のA地区8月例会打合で、有限会社 浪漫珈琲 取締役会長 神原 栄氏にお会いするためです。8月例会では「社員の定着性を上げるにはどうすればよいか」について討議したく思い、その話の体験発表者としてお会いし、打合せを行ってきました。DSCF1917

経営の根底には「人本位経営」があり、それを実践すべく、様々な学びの場を設けられています。お客様と直接接する社員が育っていないと、お店(会社)は伸びて行かない。それ以外にも地方の中小企業だからこそ採り得る戦略を持たれていました。

事前打ち合わせではありましたが、学ぶことの多い時間を過ごさせて頂だきました。感謝です。(コーヒーの話になると長くなると仰っていましたが、確かにコーヒーに対して強いこだわりを持たれています)

同友会A地区6月例会

6月18日(水)の夕刻、同友会A地区の6月例会が開催されました。今月は外部講師による体験発表を企画し、福山支部E地区㈱クニヨシ 代表取締役 早間雄大氏による「社員の能力を引き出しているか」をテーマにお話しをして頂きました。早間氏は現在41歳、10年前に描いた姿に現在の会社がなっていると言われます。ボンヤリと頭に描くのではなく、キチット中長期計画に落とし込むべきだとも。DSCF1911

現在では40名近い社員数となり、各職制ごとに責任と権限を与え各人が“考え、行動”するような教育、仕組みを作られているそうです。少人数の会社では充実した社員教育は難しいかもしれませんが、経営者の考えや会社の理念の共有は図れるものと思います。私の事務所でも理念の落とし込みを行おう、と心に決めた例会となりました。