鞆の花火大会

DSCF16845月31日(土)、この辺りでは恐らく最も早く開催されるであろう鞆・弁天島の花火大会を鑑賞してきました。一昨年初めて見に行ってその迫力に魅了されたのがきっかけで、今年も午後の3時頃から現地に入り場所取りに励みました。今年はチョット外れた位置の支所前辺りを確保です。花火開始まではまだ4時間余りあるので持参した飲み物や準備中の屋台で購入した食べ物で男3人ウダウダとやっているとやっと暗くなった午後7時30分、打ち上げ開始です。腹に響く音を立てながら開く花火に多くの人が口を空けて見入っています。大きい花火やコンビネーションの素晴らしい花火が上がると自然と拍手が起こります。不思議ですね。楽しみもつかの間、午後8時30分には花火終了。いつもの事ですが、帰りは渋滞が大変でした。カメラで花火の撮影にチャレンジしたのですが、難しいです。何枚か貼っておきますので、雰囲気を感じてみて下さい。

 DSCF1682DSCF1678DSCF1681DSCF1677歩行者天国になる前・後の比較

DSCF1699DSCF1696DSCF1720新規_1_DSCF1726DSCF1716

既に選挙モード?

DSCF16615月31日(土)に福山ニューキャッスルホテルにおいて開催された「自民党とともに備後の明日を考える会」に出席してきました。これは社労士会政治連盟の幹事として出席した訳ですが、中央から岸田外務大臣や溝手議員など自民党の大物と言われる方達が応援に駆けつけていました。政治とは地方の市会議員、県会議員、そして国会議員と繋がっているものなんですね。それぞれの立場で選挙のお願いを一生懸命されていました。さすがに今話題の“集団的自衛権”については何も触れられませんでしたが・・・

私はと言えば、「先生」がたのお話もさることながら、外務大臣などに付き添っているSPが気になってなりません。ホテルのロビーに入ったところからそれらしき人達がウロウロされています。会が始まってからも両脇から会場を鋭い目で見回していました。その写真を貼っておきます。いったい何をしに行ったんだか。その1その2