福山市の町づくりを考えました。

DSCF11383月11日(火)の夜、中小企業家同友会福山支部の政策環境委員会があり、福山市立大学の前山総一郎教授による「福山市の町づくりを考える」勉強会が行われました。福山支部では1月の新春講演会で、羽田福山市長をお招きして、福山市の未来について語っていただいた事があり、それを踏まえての勉強会となった訳です。前山教授による福山市の財政状況や、重点施策の解説をお聞きした後、われわれ中小・零細企業がいかにして地域づくりに参画して行くか、また問題点は何か、などについてグループで意見を交わしました。

自社が強い、しっかり利益を出せる企業となり、しっかり納税する。そして地場企業からの物品購入や仕事の発注を行うなど、身近な、すぐにでも取り組みが出来る意見が多数出てきました。直ぐに実行できる、小さな事から地域との交わりを深めることが必要だと感じた勉強会でした。