企業訪問

DSCF10632月19日(水)の午前中、中小企業家同友会会員企業を2社ほど会社訪問してきました。これは中小企業家同友会福山支部において昨年より「経営者大賞」なるものを開催しており、その1次選考に残った4社を最終決定前に訪問し、社内における理念の実践等について確認しよう!となったものです。私は業務の都合上、午前の2社のみの訪問となりました。

まず最初に松永にある“ユニテック工業 ㈱”へ。2代目田口裕司さんが笑顔で迎えてくれます。社員数20名ですが電動シリンダーや油圧リフターなどを製作されているメーカーです。入会されてまだ1年も経っていないというのに経営理念はもとより、行動指針や利益計画なども作られ、朝礼、夕礼などで浸透を図られています。以前は一般の社員と一緒で、夕方5時になったら退社後何しよう、といった状態でしたが、今は仕事(経営)が楽しくてたまりません!と言われます。何に対しても貪欲で、一生懸命、というオーラが出ています。DSCF1070DSCF1068DSCF1064

DSCF10712件目は府中市にある“(有)アドバンス”さんへお邪魔しました。有料老人ホーム、デイサービス、介護タクシーなどをされている企業です。ここでも満面の笑顔で代表の藤岡輝行さんが迎えてくれました。昨年11月に鵜飼町に「府中ふれあいホームうかい」を建設され、元よりあった「元町ふれあいセンター」と合わせ、利用者にやさしい介護施設を目指されています。藤岡さんは教職をなげうって介護の世界へ飛び込んだという異色の熱血漢です。職員の物心両面の幸せを追求し、もって利用者の満足度を上げ、ありがとうと言ってもらえるサービスを行われています。介護してあげてる、ではなく介護させて頂いている、という気持ちで職員には接するよう、理念、行動指針の共有化も努力されています。入会5年目ですが、入会して経営の話が出来る仲間を見つけました、と言われるように同友会で学ばれ、それを着実に実践されています。DSCF1075

訪問した2人の会員は学んだ事を素直に受け入れ、実践されている事が良く分かります。選考のための訪問でしたが、逆に教えられ、学ぶことが多い会社訪問となりました。お二方とも、貴重な時間を割いていただき、ありがとうございました。