ドクターイエローと遭遇!!

昨日(2月26日)の午後5時50分ごろ、広島から福山へ帰るため、広島駅新幹線ホームで列車を待っていたところ、2本南側のホームへ見慣れない黄色いボディーに紺のラインが入った車両が停車しました。んんっ、何かで聞いた事がある車両だ!。たしか新幹線の軌道や架線のチェックをする専用車両だとか何とか。帰って調べてみると「ドクターイエロー」と呼ばれる車両だそうで、東海道と山陽新幹線でのみ走っているとのこと。めったに遭遇する機会がないため、この車両を見ると“幸せになる”と言われているようです。ハッハッ、イイ事があるかもです。同じ日にグリーンジャンボ宝くじも買ったし。DSCF1088DSCF1087

久々のソフトボール練習。

DSCF10832月22日(土)私にとっては久しぶりのソフトボール練習会に参加しました。先月はノロウィルス(?)にやられてダウンしていましたので、2ヶ月ぶりの運動となりました。この時期早朝の練習は寒くて厳しいため、午後からの開始となりましたが、風邪は少し冷たいものの、日差しがたっぷりで身体を動かすにはほど良い気温となりました。お陰で今右腕と腰が筋肉痛です。

DSCF1085

             監督のうなだれた姿が印象的です!

来月21日には岡山県会、愛媛県会との合同練習および懇親会(必ず付いてきますね)を開催します。これは4月に開催される中・四国連絡協議会会長杯に向けての腕試しとする予定で、福山支部も新調したユニフォームで対戦です。

中・四国連絡協議会会長杯・・・今年3年目となる県会、支部対抗ソフトボール大会で今回は福山支部、広島支部、岡山県会、愛媛県会、島根県会が参加の予定です。開催場所は福山の三菱電機グランドとなっています。

倫理研修受講しました。

DSCF1080本日2月21日(金)広島県社会保険労務士会の倫理研修を福山のみやびで受けてきました。これは社会保険労務士としての“職業倫理”の意識を高めるため、全会員が5年に1度必ず受けなければならない研修です。DSCF1082

6年前から始まり第2クールに入って最初の研修ですが、研修の進め方も前回と変わり、連合会から送られてくる資料DVDやパワーポイントを駆使して講師が話を進めて行きます。最後には事例をグループで討論する問題も用意されており、充実した研修でした。研修を受けるだけでなく、人事労務のプロとして法令を順守し、社会から認められ、必要とされる社労士を目指さねばなりませんね。DSCF1079

A地区2月例会。

DSCF1077昨日2月20日(木)に広島県中小企業家同友会A地区の2月例会が福山パークレーンにて開催されました。

今回はノバ硝子工事の野白洋一氏による体験発表で、「経営理念」作成までの道のりと、今後の経営計画についての説明がありました。今が楽しければそれでいい、5年後10年後なんて何もわからん!と言ってた野白氏ですが、地区会のみんなの叱咤激励を受け一念発起、5回もの打ち合わせを行い作り上げたものだそうです。社員が定着しない、頑張って働いているのに赤字経営。多くの問題点をさらけ出しました。

例会のグループ討論では非常に厳しい意見も飛び出しましたが、みんな真剣に野白氏の将来を、そして社員さんの事を考えているのが伝わってきます。是非この例会でのアドバイスを真摯に受け止め、これから会社経営に励んでほしいものです。

企業訪問

DSCF10632月19日(水)の午前中、中小企業家同友会会員企業を2社ほど会社訪問してきました。これは中小企業家同友会福山支部において昨年より「経営者大賞」なるものを開催しており、その1次選考に残った4社を最終決定前に訪問し、社内における理念の実践等について確認しよう!となったものです。私は業務の都合上、午前の2社のみの訪問となりました。

まず最初に松永にある“ユニテック工業 ㈱”へ。2代目田口裕司さんが笑顔で迎えてくれます。社員数20名ですが電動シリンダーや油圧リフターなどを製作されているメーカーです。入会されてまだ1年も経っていないというのに経営理念はもとより、行動指針や利益計画なども作られ、朝礼、夕礼などで浸透を図られています。以前は一般の社員と一緒で、夕方5時になったら退社後何しよう、といった状態でしたが、今は仕事(経営)が楽しくてたまりません!と言われます。何に対しても貪欲で、一生懸命、というオーラが出ています。DSCF1070DSCF1068DSCF1064

DSCF10712件目は府中市にある“(有)アドバンス”さんへお邪魔しました。有料老人ホーム、デイサービス、介護タクシーなどをされている企業です。ここでも満面の笑顔で代表の藤岡輝行さんが迎えてくれました。昨年11月に鵜飼町に「府中ふれあいホームうかい」を建設され、元よりあった「元町ふれあいセンター」と合わせ、利用者にやさしい介護施設を目指されています。藤岡さんは教職をなげうって介護の世界へ飛び込んだという異色の熱血漢です。職員の物心両面の幸せを追求し、もって利用者の満足度を上げ、ありがとうと言ってもらえるサービスを行われています。介護してあげてる、ではなく介護させて頂いている、という気持ちで職員には接するよう、理念、行動指針の共有化も努力されています。入会5年目ですが、入会して経営の話が出来る仲間を見つけました、と言われるように同友会で学ばれ、それを着実に実践されています。DSCF1075

訪問した2人の会員は学んだ事を素直に受け入れ、実践されている事が良く分かります。選考のための訪問でしたが、逆に教えられ、学ぶことが多い会社訪問となりました。お二方とも、貴重な時間を割いていただき、ありがとうございました。

中小企業家同友会 全国研究集会に参加してきました!

DSCF10292月13日、14日の2日間、広島市で中小企業問題全国研究集会が開催されました。これは中小企業家同友会全国協議会が主催して毎年各県会が持ち回り開催しているもので、今年で44回を数えます。昨年は福岡で、来年は神奈川県で開催の予定です。広島県も1年以上前から準備を始め、昨年の福岡へは勉強も兼ねて多くの会員が参加したところです。

この研究集会は中小企業家同友会会員企業が直面している色々な問題に対応した分科会形式で、報告者による問題提起、グループでのディスカッションにより対応を考えて行く、というものです。13日は午後より開催され、18の分科会を開催、終了後夜は懇親会、そして14日午前中は全体会が行われました。全国から1,300名の会員が集合するため、メイン会場のリーガロイヤルホテルだけでは会場が準備できず、メルパルク広島と広島国際会議場の3会場に分かれての分科会となりました。DSCF1037

私は第8分科会に参加して、社員の夢を叶える為の会社作り、地域からあてにされる会社作りに取り組まれている、岩手県にある信幸プロテック㈱村松氏の報告を聞きました。ここでその内容や討論内容を書くには長くなってしまいますので省きますが、学びを是非私の事務所でも実践しなければ、という思いを強くして帰ってきました。

DSCF1041DSCF1050全国大会に参加すると多くの優れた経営者とお会いすることが出来、多くの気付きや学びを得ることが出来ます。これを実践することが本当に大変なのですが・・・。正味1日半、事務所を空けることを許してくれた所員のみんなに感謝です。勉強して結果を出さなければ、それはみんなへの裏切り行為になる、と誰かが言われていました。うぅッ、キビシイ!!。DSCF1060

呉支部との懇親会

休日の間の2月10日(月)広島県社会保険労務士会呉支部会員と、県会会長・副会長、部長との意見交換会が東広島市西条町で行われました。この意見交換会は県会執行部と各支部会員とが1年に1回日頃から感じている疑問や、要望などを近い距離で語り合うことを目的として行われているものです。今回は県会が行っている事業や研修、行政に対する要望など多くの意見が出され、有意義な意見交換会であったと思います。DSCF1014

当日はとても寒い日でしたが、意見交換会の後は暖かい会場で呉支部会員との懇親会が執り行われました。私のこのブログを見てくださる“ある”会員さんから「島田さんのブログは飲み会が多いですね」と言われるのですが、仕方ないですねェ。ホント、飲み会が多いんですから。私は下戸なんですけど。

宴会後福山支部の3名で在来線各駅停車に乗って帰ってきました。しかし寒かった!!DSCF1020DSCF1028

オヤジ&??バンド再始動!!

DSCF10112月8日の土曜日、社労士会福山支部会員有志で構成しているバンド(正式名称ナシ)の反省会および発表会へ向けての決起大会、選曲会がありました。

演奏ビデオを鑑賞後各自反省、次回へ向けての意気込みを語りました。演奏曲について各自候補曲を持ち寄りましたが、皆さん思い込みがあるようです。ネット検索し一通り視聴後、候補曲が決定しました。5曲を選定し、バンドスコアーの担当も決定しましたが、譜面を見たら変更となる曲もあるかもしれませんね。

とても反省会とは思えません

DSCF1013

 背面のスクリーンに投影しました

 

労務管理研修参加

DSCF0979DSCF09922月6日(木)広島県社会保険労務士会の研修部が主催する「労務管理研修」に出席してきました。

通常県東部の研修は福山で開催されるのですが、年に1回、この「労務管理研修」のみ三原で開催されています。三原支部の会員にとっては参加しやすくなっている事でしょう。三原支部、福山支部会員が中心となって、50名ほどが参加しましたが、第1部の労働局による助成金の説明につづき、メインである“メンタルヘルス不調者に対する企業の対応について”と題し、木村弁護士による実務的な解説がありました。因みにこの木村弁護士は我々社労士の間ではとても有名な、安西弁護士の事務所に所属されている弁護士で、企業サイドに立った考え方を主にされる弁護士です。

近年の事例や裁判例を挙げながら、われわれ社労士が実務上気を付ける事項など、約2時間の講義がありました。何れにしても会社や使用者の責任は日に日に重くなっているのが実情で、労働時間管理は今後ますます重要となって行くでしょう。会社も適当な時間管理や安易な解雇など十分な注意が必要です。DSCF0991

広島自由業団体連絡協議会

11昨日(4日)広島のメルパルク広島で広島自由業団体連絡協議会が行われました。広島市に本部や支部を置いている12士業団体(社労士、弁護士、司法書士、税理士、中小企業診断士、弁理士、行政書士、公認会計士、土地家屋調査士、海事代理士、公証人会、不動産鑑定士)が年に2回、各団体の現況報告や意見交換を行うために集まり、また年に1回ほど合同で無料相談会を開催しているものです。2

私も社労士会の広報担当として3年前より参加していますが、この連絡協議会は発足して既に20年以上経過した歴史のある団体となっているようです。協議会の司会進行役や無料相談会の世話役は持ち回りで、社労士会は行政書士会、司法書士会とともに今年の無料相談会の担当となりました。3団体協力して準備や運営を行わなければなりませんがチョット心配です。

今回の協議会も2時間ほどの会議とその後の懇親会が行われ、今後の協力体制など各士業同士打ち解けた中にも実りの多い話が出来たと思います。