総会議案委員会

DSCF0820昨晩わたしが所属している、中小企業家同友会福山支部の第2回総会議案委員会がローズコムで開催されました。何故か私が委員長という事で、昨年の11月から事務局を含む8名で平成26年度議案書の取り纏めを行っています。この議案書とはその名の通り、春の総会時会員の皆さんに今期の支部方針等を示すものですが、1年ないし2年間支部、地区、委員会の各事業を行う方向を示す訳で、ある意味とても重要なものとなります。と言っても40~50ページで、それも一から作り上げるものではなく、県の方針に沿って更に前年の議案書に手を加える、という形で進めて行くものです。しかし8名で前年の総括などを話し合っていると様々な意見が出てきます。さすが福山支部の地区長や委員長を任されている方達だけの事はあります。問題意識や想いを多く持たれています。この委員会で最終決定ではなく、理事会の承認を経て決定する訳ですが、ある程度骨子を決めることが出来る訳で、面白さと責任を感じた委員会でした。