宮崎本店 企業訪問

11月14日(木)前日に引き続き、本来の目的である企業訪問を行いました。お邪魔した会社は三重県四日市市にある造り酒屋の「宮崎本店」さんです。ここの社長は同友会の三重県会に所属されており、広島へも何度となく講演に来られている方です。DSCF0582

この会社の販売戦略はとてもユニークでニッチならぬ「カルト」戦略というものだそうです。われわれ中小・零細企業はニッチでもまだ広過ぎる、というのが社長の持論です。もっと狭い部分を攻めて、この商品でなければならない、という顧客を掴むことが必要と仰います。この信奉者が存在する部分をカルトと呼ばれています。言葉は少し??ですが、言われていることは良く分かります。DSCF0579DSCF0581       宮崎社長です                  

結果、量の拡大は追わず、高付加価値のある高額商品を、それを必要とする層に販売されています。口で言うのは簡単ですが、実際行動に移すことは大変であったと推測します。DSCF0584

お話を伺った後、工場内を見学させていただきましたが、酒造用のお米については自社にて精米する念の入れようです。通常は精米されたものをお米屋さんから購入するそうです。お米は大吟醸の場合40%まで磨くそうですが、その過程で出てきた米粉はおかきや米菓子に使用されるそうで、また酒粕も別に販売でき、とても効率の良い業種だと、同行した会員の誰かが言われていました。(宮崎社長いわく、酒造業は儲かるものじゃありません、とのこと)

DSCF0593※宮崎本店では、中国にも進出されていますが、日中の外交問題(反日感情)が経済へも影響を及ぼしているそうです。専ら中国に進出している有名料理店で利用してもらっていますが、前述の対日制裁により、官官接待の利用が減り、それに伴いお酒の売り上げも大きく減少のようです。政治と経済は別物と聞いていましたが、現実にはそうはいかないようですね。

DSCF0595

最後に敷地内にある販売所で試飲も済ませ、お土産に1本購入してきました。(試飲だけで酔ってしまいました。悲しい!)DSCF0618DSCF0607DSCF0620

お伊勢参り

11月13日(水)、14日(木)の2日間、中小企業家同友会福山支部の委員会有志11名で三重の四日市にある三重同友会会員企業を訪問しました。2日目にその会員企業(株式会社 宮崎本店)を訪問することとし、1日目は今話題の「伊勢神宮」にお参りをしてきました。DSCF0539DSCF0513

私には約30年ぶりの参拝となります。話には聞いていましたが、その人の多いこと。地元の人に言わしても“盆と正月が一緒に来た”賑わいだそうです。外宮、内宮とも参拝しましたが、平日にも拘らず、参拝客の多さにはビックリです。神社内は勿論のこと、内宮の前にある、おはらい町、おかげ横丁の通りはお土産を物色する人、飲食をする人でごった返しています。私もその中でかの有名な「赤福」で赤福餅をいただきました。本店での赤福餅のお持ち帰りは行列をして待たなければ買えない状態です。DSCF0545DSCF0541

伊勢神宮は今年の10月に遷宮が行われたばかりで、正宮は真新しい杉(?)で白く輝いています。この新しい建屋もどうですが、広い敷地内を歩くだけで清々しい気持ちになるのは私だけでしょうか。記念に外宮でお札を買って帰りました。(商売繁盛の神様だそうです)新規_1_DSCF0534DSCF0527DSCF0526 (2)