ミニカーサーキット

今日の昼中、私が所属をしています同友会A地区会員のサーキット場(ミニカーですが)の見学に行ってきました。その1

これは来月の6日(日)にビッグローズで開催される、同友会30周年行事の出店確認のためにお邪魔したもので、A地区有志でブースを出すに当たり、メイン企画にこのサーキットでの子ども達によるミニカー走行を据えたためです。

会員の会社(?)にはミニカーでドリフト走行を競う大きなコースと今回出店する通常走行コースが有りました。因みにこの会社・サーキット場は福山市の卸町内にあります。ドリフトコースは写真を見ていただければ分かると思いますがかなりの大きさで、走らせる車も大きく、実車さながらに大きくドリフトをさせながらコーナーを駆け抜けて行きます。

ドリフトしながら、コーナーに向かっています

その4

大きさが分かり難いのですが、車は全長30㎝はあります

今回の出店ではこの大きな車は走らせることが出来ないので、通常の(ドリフトは無し)走行コースを持ち込み、このコース内で走行を楽しんでもらうことになります。次にある写真がそれになりますが、コースの大きさは縦約6m、横約4mほどで分解して搬送し、現地で組み立てることができるそうです。見学に行った会員数名が試しに走らせてみましたが、これがなんと難しいことか。しかし童心に還り夢中で操作をお行いました。これはハマると大変なことになりそうです。きっと子供たちも楽しんでくれることでしょう。その3

 今回の30周年行事の目的は、将来を担う子供たちに“働く”ことの意味を考えるために職業体験をしてもらい、働くことの楽しさを感じてもらうこと。また地元にもこんなに頑張っている会社があることを知ってもらい、将来福山に戻って地元企業で働いてもらいたい、という意味合いもあります。その意味では今回の企画はチョット違うかな?。でも大勢集まることは間違いなしでしょう。

その2

       こちらの車は全長15cm位になります

船釣り敢行

釣り29月21日(土)に社労士会福山支部有志プラスαで船釣りを行いました。会員で船を所有されている方が居られ、年に数回ご一緒させて頂いています。今回は総勢8名での挑戦です。

キス狙いで行きましたが、潮も大きく、季節的にもシンドイものがあったようです。結局キスとギザミ(ベラ)とその他、20数匹の釣果となりました。釣り1

因みに私は最初に1匹釣り上げた(キスでした)後、ノンビリと過ごしてしまいましたが、しかし暑かった。最初こそ風がありましたが、数時間後には完全な凪状態。海上は蒸し暑く、かつ太陽が照りつける。途中からテントを張りましたが、それでもジットシテいるだけで、汗が出てくる状況です。でも前回の大雨よりはとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。(前回6月は雨でとても寒く、釣りをする気になれませんでした)釣り3

高年齢者活用セミナー

平成25年9月19日(木)全国味噌工業協同組合連合会主催のセミナー講師を行いました。セミナー2

これは(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構が毎年度各種業界へ委託している「産業別雇用推進事業」の一環として高齢者雇用推進セミナーを開催したものです。

場所は広島市にあるメルパルク広島で、午後からの開催ですが、私の前に㈱日本能率協会研究所の広田主幹研究員が味噌業界における高齢者推進の手引きについて大まかな説明をされ、その後私が「継続雇用における賃金設定のポイント」というテーマでお話をしました。

今回は広島県内の味噌製造業の経営者が集まられたわけですが、お聞きしますと県内は規模の大きい業者が2社ほどで、他は小規模な会社が多いとのこと。高年齢者の雇用を行う上で重要な賃金設定と人事評価についてご説明しましたが、高齢者の人数が少ないと現実には、社長の判断で賃金を決定することがほとんどだと思います。しかし本来ならば、その人の頑張りや成果を評価して契約更新時の賃金設定を行うほうが、やる気は起きるような気はします。私がかかわりを持っている企業でもほとんどが一律何パーセント、で継続雇用時の賃金を決定されています。せめて契約更新時には過去1年間の努力・成果を反映して賃金のアップ、ダウンが多少でもつけていただければ、と思います。セミナー1

因みに写真は私ではなく、先に講演された広田さんです。

 私も講演でお話しするだけでなく、関与先へも高年齢者を活かすための賃金設定について説明・導入を促して行かなければと強く感じました。

OB・OG会に参加しました。

先にブログに書きましたが、社労士会のソフトボール練習会を早々に切り上げた「次の用事」というのが、私が大学時代に入っていたクラブのOB会への参加です。わたし、一応“放送部”に入っとりました。

CIMG2164   歳相応な顔をしとります。

今まで何回か開催はしていたのですが、今回は前回から7年ぶりに開催だそうです。(これも何年度生まで声をかけるかで違ってくるのですが)今回も広島での開催です。集まったメンバーの住まいは西は九州福岡、東は大阪、南は四国の愛媛などで、その日のうちに帰る者、親元への帰省を兼ねた者など様々です。私も何人かとは年賀状のやり取り程度はしていますが、顔を合わせるのは本当に久しぶりとなります。CIMG2158

みな年相応な顔をしていますが、会えばすぐ誰か思い出せたことがとてもうれしく思いました。しかし、顔は分かっても名前が出てこない、これも歳だからしょうがないかッ!  因みに今回集まったメンバーの年齢は50歳~58歳の範囲でした。

みな学生時代にタイムスリップして思い出話に花を咲かせ、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。(ホント、あの頃は金は無かったけれどもよく遊びました。)次回の開催を10年後などと次回幹事が言っとりましたが、その頃には今日のメンバーの内何人が生きとるか分からん!!

CIMG2173女性も3名参加してくれました。みな変わっとらん!(かな?)

CIMG2172

総勢22名か23名、のはず?

 

ソフトボール練習試合

CIMG2155去る9月14日(土)午後より、社労士会の合同練習試合が福山の三菱電機グランドで開催されました。参加チームは広島県会の広島支部、福山支部、そして岡山県会の計3チーム。参加メンバーの中に雨男がいるため、天候が心配されましたが、数日前の涼しさが嘘のような晴天で、熱中症が心配されるほどの暑ささとなりました。(イヤッ、ホント暑かった!)

第1試合が広島支部と岡山県会との対戦ですが、なぜか私は広島支部のメンバーで参加です。(広島支部はメンバーが今回8名しか来れず、他支部からの助っ人が必要でした)CIMG2153
助っ人の私は1度もやったことの無いキャッチャーを言い渡され、取りあえず何とかこなしながら、かろうじて岡山県会に逃げ勝つことが出来ました。

CIMG2149
第2試合は、福山支部と広島支部との顔合わせです。両者ともこの4月の中国・四国連絡協議会会長杯の大会において優勝を分かち合ったチームです。
案の定接戦となりましたが、辛くも福山支部が勝利する事が出来ました。第3試合は福山支部と岡山県会との試合予定でしたが、私は次の予定があるためここでここで失礼です。

CIMG2144
残ったメンバーは試合終了後場所を変えて、懇親会を行っているはずです。福山支部の応援団(一応女性会員)も参加しますので、きっと大盛りあがりだったことでしょう。(懇親会の盛り上がりには自信があります)

ライブ練習初回。

昨晩(9月9日)今年の社労士会福山支部の忘年懇親会でライブ演奏するための初練習を行いました。メンバーのうち3人がレッスンに通っているスガナミ楽器店さんの貸しスタジオで、メンバー全員が集まり午後6時から8時までの練習となりました。

 忘年懇親会でのライブは昨年に引き続き2回目となりますが、今年はメンバーも増え(エレキギター、ドラム)総勢6名となりました。因みにその他以前からのメンバーは、エレキベース、オカリナ、ウクレレ、キーボードの4人4種の楽器となります。昨年は初めてということもあり、ヤンヤの大喝采を受け、気を良くしての再登場を目指しています。しかし2回目となれば皆さん大目には見てくれないでしょうから、気を引き締めての演奏となる見込み(?)です。

 初練習ですから、みんなと楽譜が同じじゃない、とか、キーが違う!など問題点続出で、なかなか曲を通して演奏することにはなりません。しかし、1曲についてはこの小節はだれが行き、次の小節はだれが行くなど、チョットだけミュージシャンぽい形がとれました。このような練習、打合せを重ねながら曲を仕上げ、ライブ全体を作り上げて行くものなのでしょう。今後は担当パートを各自練習しながら、集合練習を頻繁に行って行くことになります。

添付写真はドラム奏者から少しの間お借りして、“恰好”だけ真似てみました。私自信はウクレレを弾くのですが。(ドラム奏者は先月からレッスンに通い始めました。現在エレキベース、ドラム、ウクレレの3人がレッスン受講中です)

ドラマーのつもり。が、似合わん!!

ドラムその2

広島県社労士会の研修がありました。

研修その1 9月6日(金)午後より、広島県社会保険労務士会の研修が福山の「総合結婚式場 みやび」で行われました。

これら研修は県会主催が年3~4回、支部主催が年2~3回行われますが、その県主催の研修の一つです。内容は1.「年金制度改正について」で、今後2、3年以内にいくつかの制度変更があるようです。わたしがちょっと気になったのは“遺族基礎年金の父子家庭への支給”です。現在は亡くなった人に生計を維持されていた子のある妻、またはにのみ支給されています。父(原則男?)には支給されないのです。これって変ですよね。やっと是正されそうです。(平成26年4月から実施)

また産前・産後休業期間中の健康保険と厚生年金保険の保険料免除が行われるようになります。現在は育児休業期間中のみ免除になっていますが、今後は育児休業前の産前・産後期間も本人、会社とも免除されます。これも今がちょっと変ですよね。(これも平成26年4月より実施)

年金制度も改善(強化と書かれていますが)されているようです。が、財源の方は大丈夫なんでしょうか。大いに不安です。

続いて2.「今後の厚生年金基金制度の見直しについて」というテーマで、女性コンサルタントによるお話がありました。基金の今後についてパターン別に話されていましたが、正直あまり基金に先は無いように感じます。基金の今後の選択肢は多くはないようです。存続可能な基金はわずかであり、その他は解散という道を選ばざるを得ない、という状況です。また基金が解散せずとも、脱退という方法を採った方が良い場合もあるようですね。しかし、厚生年金基金は代行部分もあったりと、とても複雑です。なかなかよう分からんです。

まじめに勉強して、最新の情報を収集せねば、と感じた研修でした。

 

研修その2

爆睡状態・・・誰??